不用品回収における利益の源泉はリサイクルと買取です。

もっと細かく言えば、それを用いた転売や解体作業後の販売です。

鉄くずに限らず、レアアースなども含めた家電製品に含まれる鉱石類はとても貴重なのです。

【関連記事(http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1312/27/news039.html)】

転売できない家電製品などはこのようにして利益にされ、転売できるものは海外や独自のルートを使って販売されていきます。

中古として使うには厳しいものが殆どなので、大抵は解体されることになります。

しかし、解体するのにも費用がかかり、売るにしても人件費がかかります。

何かとお金がかかるこの世の中において、とても効率が悪いのです。

リサイクルといえば聞えはいいですが、それだけだとただのボランティア団体になってしまい、収益を上げる事が出来ません。

ですので、不用品回収において無料回収はまず有り得ない、と考えておいた方が良いでしょう。

そもそも無料でやりくりしているところは、次の機会を得るために顧客獲得に励んでいるのでしょうが、最初から無料で回収してしまっては次がそもそもありません。

どうやって利益を得ているのか謎です。

現状の不用品回収におけるリサイクルや買取では既に限界でしょう。

結局、不用品回収と言いながらゴミ掃除や部屋の片付けといった業務に手を出しています。

サービスとしては良いかもしれませんが、家政婦系のビジネスと競合するので、中々苦しいのが現状ではないのでしょうか。